中古の高級時計によって社会人としての自信がアップ!

目立つような傷がなかったことも好印象です

時計は必ずしも必要ではありません | 目立つような傷がなかったことも好印象です | 吸い付くようにフィットする感覚が心地よくて驚きました

高価買取の品目一覧のなかに高級ブランドの腕時計があったのです。
買取を実施しているということは、中古市場も存在しているに違いないと思いました。
さっそく調べてみたところ、中古品の売買も活発に行われており、価格も3割引きから半額近くのものまで多くあったことを覚えています。
それを見て、この価格帯なら自分にも手が届きそうだと感じました。
その週末、さっそく評判の良い中古店を調べて訪れました。
調べたのは店舗の情報だけでなく、中古品の良し悪しを見極めるポイントも把握済みです。
4万円ほどの高級時計をディスプレイから出してもらい、手にとって細かなチェックをスタートしました。
最初に確認したのは盤面の劣化具合であり、その点に関しては特に問題があるようには思えません。
それに多少色あせてもレトロな味のある雰囲気が出そうだと考えました。
次にチェックしたのは盤面を覆っているガラスです。
傷があると盤面が見えにくくなるため、光をいろいろな角度から当ててチェックしました。
そうしていると店員が寄ってきて、外側はしっかりコーティングされているので傷はつきにくいと教えてくれました。
また、内側はコーティングされていないタイプでしたが許容範囲というのが当時の判断です。
最後にベルトの部分に関して、少しねじりを加えながら具合を見てみました。
特に伸びているようには感じられず、目立つような傷がなかったことも好印象です。